girlswork 女子アルバイト専門メディア

girlswork 女子アルバイト専門メディア

【実態】リゾキャバはセクハラが酷い?働くデメリットを解説!

リゾキャバって話題になってるけどどんな働き方なんだろう?

 

実際にリゾキャバを体験した人の感想が聞きたい!

 

都内のキャバクラとの違いが知りたいな…。

女の子
女の子

 

こんな思いにお答えしていきますね。

 

ゆめと申します。

 

リゾキャバは過去、勤務期間1〜3ヶ月の短期で5回ほど経験があります

観光を楽しみつつ、月平均30万円前後稼いでいました。

 

いざリゾキャバに出勤してみようと思っても、今まで挑戦したことのない経験をするとなると色々不安ですよね。

 

私も最初は「セクハラとか酷いんじゃないか…」と色々不安でした。

 

実際経験した身として思うんですが、確かにリゾキャバはセクハラを受けやすいです。

 

ですが固定費が全然かからないので思い切り遊ぶことが出来ますよ。

 

今回はリゾキャバで働く実態や、事前に知っておいた方が良いデメリットなどを紹介していきます。

 

これからリゾキャバのバイトを考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。
 

 

リゾキャバのデメリットについて ※体験談をもとに解説

では気になるリゾキャバで働くことのデメリットをいくつか解説していきます。

 

やっぱりリゾキャバって都内のキャバクラと違って華やかな印象がありますし、少し気分を変えて働いてみたいですよね。

 

ですがデメリットを把握してから応募しないと、「こんなつもりじゃなかった」と後悔してしまうリスクがあります。

 

これからリゾキャバを考えている方は、しっかり確認してくださいね。

デメリット①:セクハラを受けやすい

やっぱりキャバクラだからセクハラとかあるのかな…?
女の子
女の子

 

リゾキャバは都内に比べてセクハラをしてくるお客さんが多いです。

 

もちろんキャバクラでセクハラはNGです。

 

ですがお客さんもお酒が入った状態だと理性がなくなって膝やお尻を触ってくるんですよね。

 

中にはアフター等で体の関係を求めてくるお客さんも結構います…。

 

お客さんの気分を害さない程度にうまくあしらって、セクハラを防止していく必要がありますよ。

デメリット②:寮生活がストレスに繋がる

リゾキャバをすると基本的に寮生活になるんですが、その寮費が無料or非常に安いといった点を魅力に感じている方も多いと思います。

 

ですが実際いってみると、結構不便な点が多かったりするんですよね…。

 

wifiが完備されておらず繋がらない

セキュリティがしっかりしていない

沖縄だと虫が発生して思うように寝れない

 

私が経験しただけでも、上記のような欠点がありました。

 

また相部屋だったりすると、人によってはストレスに感じるかもしれませんね。。

 

私が3ヶ月の短期でリゾキャバを経験した時、一度寮がとんでもなく汚かったことがあります。

 

洗面所にカビが生えていたり、夜寝るときもダニがいるのかかゆくて眠れなかったりしました。

 

その時のお店が出していた求人は「高時給!寮完備!快適なリゾート生活!」と甘い言葉が散りばめられていましたね。

 

いざ行ってみるとそんなに給料高いわけでもないし寮の環境も悪いし、、と最悪だったわけです。

 

それ以来、甘い言葉に惑わされずに、本当に信用できそうな求人のみ申し込むようにしました。

 

皆さんも求人で申し込む時、「あまりにも魅力的な条件だな…?」と感じたら一度冷静に考えてみると良いかもしれませんよ。

デメリット③:日焼けが凄い

沖縄など離島で働くと、「日焼けが酷い」といったデメリットがあります。

 

特に南の島で働いて良い感じの出会いを求めている…という人にとっては、対策が面倒に感じかもしれません。

 

また、日焼けしすぎると肌の老化が早くなったり皮膚ガンの可能性も出てきますからね。

 

紫外線対策で日焼け止めを塗ったり、日頃のスキンケアをより一層心がける必要がありますよ。

リゾキャバのメリットについて ※体験談をもとに解説

ここからはリゾキャバのメリットについて解説していきます。

 

デメリットだけでなく、「働いていてよかった」と感じる点もいくつかありますよ。

 

色々調べてみて、実際にリゾキャバするか考えてみてくださいね。

 

【リゾートバイト経験者が語るリゾバの6つのメリット・デメリット】

メリット①:いろんな客層がいて飽きない

リゾキャバの客層といえば地元の人が多いように感じますが、意外と多いのは出張中の人ですね。

 

いろんな地域から遊びに来るお客さんがいるので、話題には飽きませんよ。

 

自分の地元に住んでいるお客さんが出張で来店する…なんてこともたまにあったりしますよ。

 

話すのが好きな人は、結構おすすめできますね。

メリット②:交通費が出たり個室寮があったりと厚待遇

やっぱりリゾキャバの良い点は光熱費などの固定費、交通費がかからないところと言えるでしょう。

 

普通稼いだ分は家賃や生活費に削られてしまいます。

 

しかしリゾキャバで働けば稼いだ分をそのまま遊びに使うことができますよ。

 

やはり都内暮らしの女性だと人気を獲得しやすかったりするので、待遇はそこそこ良い条件で迎えてくれることが多いです。

 

ただし内容はしっかり確認してから入店するようにしてくださいね。

 

メリット③:休日にリゾートを満喫できる!

休日にリゾートを満喫できるのもリゾキャバの大きなメリットでしょう。

 

普段高いお金を払って旅行に行かないと楽しめないような環境で、思い切り遊ぶことができます。

 

ご当地のグルメも美味しいので、食を楽しみながら旅行気分で仕事をする…ということも可能ですよ。

 

私がリゾキャバで働いていた時は、普段の仕事で溜まったストレスを海に行って発散する…といったことをしていましたね。

 

なんだかんだ嫌なお客さんが多かったので、疲れた心を解放して友達とリゾートで遊んでいました。

 

都内に比べても、非常にオンオフが調整しやすい環境でしたよ。

リゾキャバの実態についてまとめてみました

ここまでリゾキャバのメリットデメリットを説明しましたが、実際働くとなった時に気になるであろう実態を解説していきます。

 

リアルな時給や仕事内容にも触れていくので働く際の参考にしてください。

リゾキャバのリアルな時給

リゾキャバは都内のキャバクラに比べたら給料が下がってしまいます。

 

とはいったものの、普通のアルバイトに比べたら高水準な給料をもらえますけどね。

 

平均値としては、時給2000円くらいと考えてください。

 

やはり旅行客が多いので「がっつりリピートしてもらって歩合で稼ぐ…」というのも中々難しかったりします。

 

まぁ普通のリゾバに比べたら圧倒的に高時給なので、「リゾートで遊びながら稼げるならいいか」といった感じで私は割り切りました。

リゾキャバの仕事内容

リゾキャバの仕事内容ですが、通常のキャバクラと同じように男性客とお酒を飲みながら会話することです。

 

基本的にトイレ掃除や食器洗いなどの雑務はボーイがやってくれるので、私たちはお客さんとの会話に集中する形になりますよ。

 

また求人にある対象年齢は20代前半〜30代前半までが多いので、35歳以上だと少し採用の幅が狭まると考えておきましょう。

 

ノルマ等はリゾキャバの場合無いことが多いです。

 

嫌な人は求人応募項目にノルマなしと書かれているところを選ぶようにしましょう。

 

もしリゾキャバ以外の高時給な仕事について気になる方がいたら、ギャラ飲みもおすすめですよ。こちらにコツをまとめているので参考にしてください。

 

リゾキャバの勤務地

リゾキャバの勤務地はいくつかあって

 

  • 沖縄
  • 八丈島
  • シンガポール(海外リゾキャバ)

 

などが有名ですね。

 

私的におすすめなのはやはり沖縄です。

 

海が綺麗ですし、修学旅行気分で働けるというのはやはり楽しいですよ。

 

都内のキャバクラとリゾキャバの大きな違い

都内のキャバクラとの最大の違いは、「お客さんがあまりお金を使わない点」だと思います。

 

やはり沖縄などの離島だと、「思い切りお金を使って楽しむ…」というよりは「常連のお店にいる女の子と純粋に楽しむ」といった価値観の方が強いように感じます。

 

都内でいうスナックのようなイメージですかね。

 

もちろん最低賃金が安いから…といった理由もあります。

 

ですがこういった価値観の違いも最低限理解することが大事ですよ。

 

まとめ:リゾキャバのデメリットを把握してから働くか決めよう!

リゾキャバは旅行気分で働けるのと同時に、様々なデメリットがある働き方です。

 

ですが、離島で少し気分を変えて働きたいキャバ嬢にはおすすめですよ。

 

どんな職業でも良い点と悪い点があるものなので、色々比較しながら自分にあった職業を探してみてください。

この記事を書いた人

ゆめ

フリーターという肩書を使いつつ、各種女子向け高収入バイトに励む日々を送る25歳。

・パパ活
・リゾキャバ
・キャバ派遣
・レンタル彼女
・ギャラ飲み

…と一通りの女子バイトを経験し、現在はギャラ飲みとパパ活をメインに稼いでいます。

私の忘備録的な意味も兼ねつつ、女子バイトに興味のある方にとって少しでも力になる記事を書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • リゾキャバは年齢制限ある?40代でも働ける水商売バイトを紹介!

    2020年04月11日

  • リゾキャバ体験者が教えるリゾキャバのリアルなお給料!

    2020年04月17日

  • リゾキャバの生活ってどんな感じ?秘密の寮生活の体験談も!

    2020年04月13日

  • 【最短3日?】リゾキャバで短期バイトするなら派遣会社が良い!

    2020年04月15日

この記事を書いた人

ゆめ

フリーターという肩書を使いつつ、各種女子向け高収入バイトに励む日々を送る25歳。

・パパ活
・リゾキャバ
・キャバ派遣
・レンタル彼女
・ギャラ飲み

…と一通りの女子バイトを経験し、現在はギャラ飲みとパパ活をメインに稼いでいます。

私の忘備録的な意味も兼ねつつ、女子バイトに興味のある方にとって少しでも力になる記事を書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • ギャラ飲みの相場が知りたい人必見!4つの参加方法別に相場を解説

  • ギャラ飲みに年齢制限はある?リアルな参加年齢層や稼げる年齢を解説

  • アイドルのギャラ飲み事情!その実態とギャラ飲み理由を調査

新着のまとめ一覧を見る
©girlswork All Rights Reserved.